07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいも

先日京王百貨店さんでお茶道具展の添え釜がありました。


お手伝いしないので、お水屋見舞いをもって伺います。
(このへんがお稽古事の習慣)

時間がなかったので、お茶室には入らず、お茶だけいただきました。

お菓子のコイモ。
練りきりです。
20100917京王添釜-1

ときおり京王百貨店さんでは添え釜があるのですが、
それはそれで先生は大変なんだろうなぁって。

生徒さんはお勉強になるのでよいのですけどね♪
スポンサーサイト

文化講座

毎年恒例の秋の仏教文化講座へ。

といっても、お茶の先生が主催のものなのでお手伝いもしつつです。

今年はお茶席がなく、茶道の若宗匠をお呼びしての講演と呈茶のみ。
仏教文化講座ということで、お茶を知らない初心者さんにもわかりやすい内容でした。

11月の終わりごろに2冊の本を刊行予定ということで、
今回の講座の内容も入っているといっていたのでそこらへんは書いていいのか微妙なので自粛です。


呈茶席の床の間においてあった煙草盆にキセル。
青いキセル、とってもキレイでした♪
20100935文化講座01

且座のお稽古

先週天然記ということで供茶と且座のお稽古を致しました。

供茶は仏様にお茶をお供えいたします。
且座は七事式というお稽古事の中のひとつ。

今回、私は半東というお役のお稽古。
且座では一番覚えることがあるお役でした(苦笑)

当日頭にあまり入っておらずダメダメでしたけど、なんとかなっているようななっていないような。

でも、たまに頭を働かせないといけませんね。
それにお花とかお香とかいろいろなものをみるのも楽しいですし♪

そうそうお着物は暑くても単です。
もちろん夏物ではなく単です(笑)
まぁ 夏物も単したてですけど。

升豆

お稽古ででた主菓子の名前が
「ますまめ」でした。

節分にちなんだ銘なのだとおもいます。

四角いなかにお豆が一粒。
きっと枡の中に一粒だけ残ってしまった様を描いているのでしょうね~。

そして、いつも掛け物の文字が読めません(苦笑)
扇面に「福聚海無量(ふくじゅかいむりょう)」。

筆文字は難しいです(><)
意味はきっともっと難解に違いありません。
とりあえず読めるようになりたいところです・・・・。

初釜

連休の一日がうちのお稽古場の初釜でした。
毎年お稽古場で初釜をするのですが、
今年はご縁があって会席料理のお店で行われました。

*初釜
茶道で年稽古はじめの日です。
先生が生徒さんを茶事に招くかたちになっています。
(若干ごへいがあるかもですが・・・)

お稽古場で行う初釜とは違って、
いつもよりカッチリした会席料理でした。
このため、いつもよりも作法が危うげでした(^^;)

ご飯は一口残しておくとか、
はじめの飯盒のご飯は食べきり(ひとりひとりよそうのですが、
空にして返さないといけないため、
最後の方は全部ご飯を自分の椀に盛るのです)だったり、
他にもいつもよりも丁寧なお作法が・・・・・。

そしてお酒もでるのですが、
珍しくお酒をいただいたら夕方あたりから頭痛が・・・(><)
どうやら二日酔い(半日も経っていないのに)。。。。。

杯っておもっているよりも量が入るのですよね。
次回は気をつけます(といっても空けなければいけないのですが)。

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。