04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園de本の楽市

ここのところこっちのブログも更新が滞っておりました

サカナノクチ商店が「公園de本の楽市」に参加していたのですが、
そちらの様子をお店のブログにアップしたのでご興味のあるかたはぜひ。

23日の様子。
http://sakananokuti.blog15.fc2.com/blog-entry-89.html
24日の様子
http://sakananokuti.blog15.fc2.com/blog-entry-91.html

飛ぶのが面倒な人用に 追記をクリックすると読めるようにしておきます。
ただし、23,24日まとめてなのでものすっごく長いです(^^;)





高円寺フェス・公園de本の楽市 初日(23日)

公園de本の楽市にご来場いたきありがとうございました。
長くなりますが、珍しくがんばってレポ風日記です。

23日(土)


好天に恵まれ素晴らしい秋晴れ。


荷物をカートに積めて公園へ。
慣れないカートをガラガラ。
アスファルトの上をガラガラ。

荷物が横倒れする!Σ( ̄ロ ̄lll)


そんなことを繰り返しながら公園へ。



公園に9時ごろ到着すると、すでにテントの設営がはじまっている。
お手伝いしようかと思ったが、
いい感じに少人数で声を合わせてテキパキと組み立てられているので
他の一箱参加者の人と一緒に組み立て待ち。

出版社ブースさんではすでに本棚が組み立てられつつある。
企画の段階から組み立て式の本棚があると聞いていたが、
実物を遠めでみて、コレね!!!とドキドキする。

一枚板を組み合わせるだけの省スペース対応な本棚。
普段はしまっておけてイベントのときだけ使えるっていうのは素晴らしい。
*高円寺書林さんのブログに画像が載ってます*
http://kouenjishorin.jugem.jp/?eid=1318


テントが組み立てられると机を運びいれセッティング。
この机、テント屋さんの特注品で木でできているので画鋲が刺さる!
しかもはじめから白いテーブルクロス付き。
さすがイベント用!

でも布かけましたけどね。


ぼんやりしているとどんどん時間だけが過ぎていってしまうけれど
ディスプレイをどうしようかと試行錯誤。
パズルみたいに配置換えしながら、なんとか商品を設置。

小さな乙女ワールドがなんとなくできあがる♪
20101023楽市02-1


お隣は「ふるほん日和」さん。
正確には【出張マーケット「向島・鳩の街 ふるほん日和」】
http://furuhonbiyori.seesaa.net/
今週末の30日(土)に古本や手作り雑貨のフリーマーケットを開催。


「ふるほん日和」の甘夏書店さんと放浪書房・トミーさんはすでに顔見知り。
お二人ともぽやっとしていてとってもやさしくて楽しい人たち
お隣のディスプレイを見ながら次回(あるの?)の参考にといろいろ物色。


*放浪書房とは*
旅する本屋さん。
全国どこでもふらりと出店。
全国どこでもふらりと野宿。
だから、トミーのいるところが本屋さん。
たとえ本を持ち歩いていなくてもトミー=【放浪書房】なのです。
http://horoshobo.com/


スナフキンはもちろん放浪書房さんの。
20101023楽市01-1

放浪書房さん、本以外も売り歩いているなんて!
20101023楽市00-1


ぽやぽやお話していると一緒に出店してくれるペイ*デ*フェ・りむちゃん登場。
先日発表されたばかりの新作、ゴブラン・コルセット&スカートで登場♪

りむちゃんも魔法のステッキでふわふわディスプレイ

ペイ*デ*フェさんの一押し商品は、なんといっても名刺入れ!
画像からはわかりずらいけれども、輸入品でクラシカルでキラキラ
20101023楽市03-1


古本屋さんブースの「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さん。
絵本を専門とする古本屋さん。


ここのお兄さん、絵本に関することなら、
なんとなくうろ覚えな絵本でも質問すると何かしら答えがかえってくるというすぐれ者。
ちなみに、放浪書房・トミーに「にーさん!」と慕われている。

お安い絵本からお高い絵本まで。
いろいろそろっているので物色する人多数。
20101023楽市04-1


ジャンボ紙芝居。
学校の朝礼用につくられたという童心社さんの大きな紙芝居。

紙芝居がはじまるというとどこからともなく子供たちが群がってくる。
20101023楽市05-1


いや、本当に群がってくるのだ。
さっきまで遊具のあたりに2~3人がいるかいないかだったのに
あのカランカランという鐘の音がするとあちらこちらから子供が集まってくる。
ハーメルンのなんとやらもこの心理を利用したにちがいない(てきとう)。


小さな紙芝居として元気な図書館さんも参戦。

こちらは写メしていないが、
大型紙芝居とは違って小さな輪で子供たちが夢中なのが可愛い♪
*元気な図書館さんのHPに当日の様子があります


紙芝居をみる子供は半分ぐらいがぽかんと口を開けている。
口に何かを放り込んでもきづかないのでは?
そんな好奇心がやってくるぐらいガンミする子供たち。



企画の段階からとってもとっても気になっていた【煮干の解剖】。
りむちゃんにお店番をお願いしていってみる。

すると衝撃の事実が発覚


煮干、自分で解剖するんですか????Σ(・□・ )

もらった10センチぐらいの煮干。
かたくちイワシという大きいイワシ。
おもったよりでかい。

頭を割って、目玉を抜き出し
脳みそを取り出して
胴体をまっぷたつ。
胃やら肝臓やら手で丁寧かつ大胆に割りながら
いただいた用紙にペタペタして完成!
20101024楽市01-1

予想以上に楽しい♪♪♪

お話を伺うと、
最近はカエルが高いのでカエルの解剖を行わないという。
行っても先生が解剖をして生徒たちはみているだけ。
子供たちに解剖を実体験してもらいたい!
とおもったエライ人が煮干の解剖をおもいついたらしい。

何で煮干かというと、
最近の子供たちは生ものが触れないから

煮干の解剖は仮説社さんから出版中。
http://www.kasetu.co.jp/
仮説社さんのショッピングカート
http://kasetusha.cart.fc2.com/

アマゾンからも買えちゃう♪
煮干しの解剖教室 (オリジナル入門シリーズ)煮干しの解剖教室 (オリジナル入門シリーズ)
(2010/07)
小林 眞理子泉田 謙

商品詳細を見る



一日が無事終了。
この季節は空気が冷たいのでお日様があたっていないところはとっても寒い。
野外は寒さ対策が必須と痛感。


高円寺フェス・公園de本の楽市 最終日(24日)


公園de本の楽市レポ風日記二日目です。

24日(日)


二日目はなんだか曇り模様。
お天気が心配だね、って甘夏書店さんやトミーさんたちと話す。


初日に置けなかった寺西さんのビーズ作品を置けるようにディスプレイの配置換え。
いろいろいじってなんとか愛らしいビーズ作品も店頭に並ぶことに成功!
写真撮らなかったのが悔やまれる・・・・。
(前日との比較ができないもの・・・)


この日はペイ*デ*フェりむちゃんはFREE WHEELING 2010
*microscope*のボーカルとして参加するため不在。


というわけで1人でお店番は寂しいのでお友達を呼んでみる。
お友達にお店をまかせ、他のブースをふらりふらり。


突然ですが、neneはシフォンケーキが好きなんです。
ふわふわしっとりなシフォンケーキがすきなんですよ。

今回公園de本の楽市に参加されている唯一の食べ物屋さん・Sweet Sheep。
なんとこのお店、シフォンケーキを売っている。
というかシフォンケーキがメイン

シフォンケーキ好きとしては買わずにはいられないでしょう♪

シフォンケーキは2個いり350円。
購入したら、ミニシフォンケーキももらえた!!!!
20101024楽市02-1



さて、お買い物をしたらもちろん受付に行きますよ!
ひとつでもお買い物したら六角くじが引けるから♪

あの神社のおみくじを引く六角くじをカラカラやって棒を出す。
カランカラン~

図書カードが大当たり

一緒にいろんなおまけももらってテントに戻ると
「関係者当てちゃダメじゃん!」とトミーさんに笑われる(^^;)
20101024楽市03-1

前日にお昼休憩をうまくとれなくてお腹を空かせたので
今回はお昼休憩に出てみる。
パル商店街を歩いてみると食べ物屋さんのテント。
駅前にも屋台があるときいていたので、一通りみてから駅前広場に。

駅前広場の屋台でモツ煮込みを300円で購入。
こちらは学校などの縁日にありそうな小さいカキ氷の入れ物。

パルに戻ってこちらの屋台でトン汁(200円)と石焼ピピンパおにぎり(150円)を購入。
トン汁はコンビにとかでスープが入っているような具沢山たっぷりサイズ。
しかも蓋もつけてくれたw
20101024楽市04-1

このトン汁とおにぎりは東京飯店さん。
この値段でこの量、とっても満足♪

おやつにシフォンケーキを食べる。
このシフォンケーキ。
しっとりふわふわで美味しい~



大道芸人・和民ん(かずたみん)さん。
古本のたたきうりを行うということで、各お店に品物を提供してもらって
本当に叩き売っている(笑)

サカナノクチ商店もマッチ箱工作セットを提供。
叩き売るときに、商品説明と一緒にどこのお店かも紹介してくれる。

和民んさんは自転車でやってくる。
なんで自転車?
だって紙芝居もやっちゃうからね。

古本の叩き売りが終わると時間をみつくろって昔ながらの紙芝居。
お題は黄金バット!
20101023楽市07-1

こちらは大人も楽しめる紙芝居。
それにしても大型紙芝居と比べるとだいぶちっさく感じる
自転車の荷台サイズだしねぇ。



お友達がいたので「出版社の産直コーナー」もちょっとだけみてみる。

すごく気になっていた「モテネイル」本。
初日は男の子が1人で宣伝しているのだけど、
なにせ「ネイル」のDVD付キット。
しかも「モテ」付(笑)

サカナノクチ商店のブースからよくみえるので、おもわずみちゃうのだが、
お兄さん、どうしていいのか挙動不信感がよくみえて微笑ましい(*^^*)

1stから3ndまででていて、
1stを購入するとベースコートからトップコートといった初心者対応のキット。
2nd・3ndはレースのネイルシールなどもついていてちょっと欲しくなる。
DVDつきで通常2400円というところが今回箱に若干破損ありということで1500円ででていた。

(株)エム・ディア
http://www.dvdetc.net/

やっぱりアマゾンでも売ってる。
画像がでないのが残念(リンクを飛ぶと画像あり)。
モテネイル~今日からはじめられる~ 1st step超キレイと運気UPは指先から!
モテネイル~今日からはじめられる~2nd step注目度NO.1の足元美人!
モテネイル~今日からはじめられる~3rd stepモテkawaii女性のワンランクUPテク!


仮説社さんのおもちゃブース。
というか、とっても物理や科学にのっとたおもちゃらしい。
でも一番気になったのは
【世界一美しい周期表】でしょう
http://kasetusha.cart.fc2.com/ca36/170/p-r-s/?word=%BC%FE%B4%FC%C9%BD

ラミネートA4サイズはとってもお手ごろ価格だし、
本当にお勧め!!!!
ポスターとか、日本語版とかいろいろあるので鉱石が好きな人はぜひ手に入れるとよいとおもう!


さんざん仮説社さんのブースでいろんな説明をしてくれたお兄さん。
実はポット出版社の人ということでそっちもみてみる。

家畜人ヤプーを復刊させた出版社さんということで、
家畜人ヤプーも売っていた。
お兄さん曰く
「これは(楽市で)売れてます。普通の本屋さんでも売れてます」

劇画家畜人ヤプー【復刻版】
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0143-9.html
劇画家畜人ヤプー【復刻版】劇画家畜人ヤプー【復刻版】
(2010/03/17)
石ノ森 章太郎沼 正三

商品詳細を見る



そんな「家畜人ヤプー」を押しのけお兄さんの一押しは【昭和ストリップ紀行 】。

昭和の消え行く文化ストリップについて写真満載でかかれている本。
パラパラとめくっただけだけど、
すごい勢いで昭和カラーがうつりこんできた。
レトロが好きな人は買うといいとおもう。
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0147-7.html
昭和ストリップ紀行昭和ストリップ紀行
(2010/06/17)
坂田 哲彦

商品詳細を見る


もちろんポット出版さんも産地直送ということで
定価よりお買い得価格で出していた。
他の出版社さんもいろいろ出していたのだが、
お友達にまかせっきりもまずいので
(ポット出版のお兄さんの説明を聞きすぎたともいう)
自分のブースに退散。

もっとじっくり本をさがしたら面白かったのだろうけど
何せ出店しているのだからガマン。


一応4時終了といいつつ、なんだかんだで4時半ぐらいになってしまう。
お片づけはじめると雨がぽつぽつ

急いで片付けはじめて、片付けはじめるころに雨が結構ひどいことに。
そして何故か古本ブースのテントの屋根がない!!!!!

もちろんテント屋さんがテントの解体をはじめていたし、
すでにテントの解体終了しているところもあるけれど、
古本屋さんブースはまだまだ本が陳列されているのに・・・・。

あわあわバタバタしながら
なんとか古本屋さんブースも商品を車に積み込んで
一箱参加の私も帰宅。

二日間ご縁で参加させていただいた公園de本の楽市。
いろいろ貴重で楽しい体験だった。


*おまけ*

◆深夜の楽市会場。
昔のサーカステントというか怪しい写真♪
20101023_24楽市01-120101023_24楽市02-1
↓コレが一番いい感じ。
20101023_24楽市03-1

◆公園de本の楽市イベントがPJニュースに載りました。
・甘夏書店の大山さんが取材されてます。
http://www.pjnews.net/news/875/20101026_6
・放浪書房さんも取材されてます。
http://www.pjnews.net/news/875/20101025_8/
トミーに会いたい人は10月29日(金)のトークイベントへ!
http://www.nomad-books.co.jp/

スポンサーサイト

Secret

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。