07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お稽古おさめ

先週が納会で本日がお稽古納め。

同じ意味ですが、
まぁ今年は先生がお忙しいのでそういう感じでした。

回り炭をおこなったのですが、
今朝は頭痛がして起きられなくて、
夕方近くにお稽古にいったので
すでに回り炭は終わっており、
みんなで順番に薄茶のお稽古中でした。

なんでも最後の日は薄茶のお手前をひとり一回ずつするものだそうで、
お濃茶用のお菓子を食べながらお薄をいただくという
おうちでお手前をいただく感じでちょっと楽しかったです。

そうそう、先生が前日に名古屋にいっていたということで
麩餡というお菓子をご用意してくださいました。
ようは餡子をお麩で包んだお菓子なのですが、
あっさりした餡でとっても上品♪

私はこういうの好き~ハート
惜しむらくはどこのお菓子か訊ね忘れたこと・・・・。

毎年年納めに飾られる
「ばんざいばんざいばんばんざい」の掛け軸。
「萬歳々々萬々歳」という漢字だったとおもうのですが、
文字も素敵だし表具も素敵で
個人的にはとても好き♪
表具はとてもシンプルで、でも配色が濃い目の水色に茶色。
画像がないのが本当に残念。

そうそう、今年一年皆勤でした♪
去年は一日だけ風邪で休んでしまったので
ちょっと嬉しい。
来年もがんばりたいなぁ。

納会

今週がお稽古納めなのですが、
先生がお忙しいということで
先週納会を致しました。

正確には納会でしているお茶事っぽいお稽古です。

お茶事なので、
寄り付きに入り、
おぶぅを頂いて(そういえば今回なかった)、
お部屋に入り、
いろいろ拝見して、
炭手前・濃茶をいただき(炭手前はあったりなかったり)、
お食事をいただいて薄茶という流れ。
(お食事・濃茶の順のときもあります)

実際のお茶事に近い感じなのかしら?

お食事は「粗飯をさしあげます」といわれますが、
いつもたっぷりでお腹いっぱいになります。

今回は「うずみ豆腐」をご用意くださいました。
前の週に「白味噌が手に入らなくてつくれないかも」とおっしゃっていたのですが、
手に入ったようです(^^)

「うずみ豆腐」
私は、お茶を習わなかったらきっと知らない食べ物でした。

おわんの中にお豆腐、からし、ご飯、御海苔、
それに白味噌の汁が周りを満たしている食べ物です。

このときにしか口にすることがないので
個人的には楽しみにしており、
出てきた時には一人で今年も食べられた♪とご満悦(笑)

他にも鰯に煮物におひたしにとお腹いっぱい。

今週末、今年最後のお稽古がありますが、
なんとなく今年のお稽古がおわったような気になってます。

無事

今日はお稽古に。

掛け軸の文字が「無事」。

今日も無事って言葉があったなぁっておもいながら
良い言葉だよね、って。

お稽古自体は私は薄茶の手前。
長板のお稽古の方もいたのですが、
蓋置きが「ほや香炉」。
形は可愛いけれど扱いに手間取ります。

そうそう、
お菓子にね、金平糖さんがでてきました。
「振り出し」という入れ物に入っていて、
まぁ要するに壷なんですが、
コレの扱いのお勉強なんです。

壷から金平糖を出すにはどうするか。

懐紙の端っこを折って、
壷の口を懐紙に近づけてゆっくりとまわすと
コロリ、コロリと金平糖さんがでてきます。
懐紙の端っこを折っておかないと
金平糖さんはコロコロ転がっていってしまうので注意です。

京都の金平糖さん屋さんの金平糖。
美味しかったです♪

そして今日も無事Brilliant.

文化講座

今日はお茶会のお手伝いでした。

点心席のお手伝いだったので、
お茶席2席を早めにいれていただいて、
お弁当の出し入れをしておりましたよ。

久しぶりに仲居さんみたいなことしました。

午後からの講義があったのですが、
お話は南方録の一部を抜粋したもので
不勉強な私にはとても勉強になるものでした!

点心席の床の間。
20091004文化講座

お天気がよくて今日は暑くて
久しぶりに汗だくになりました絵文字名を入力してください

てんねんき

今回のお稽古は天然忌。
お軸が円相、
お花は芙蓉が飾られておりました。

供茶(くちゃ)と且座(さざ)のお稽古ときいていたいのですが、
皆さんがお花をたくさんお持ちくださったから、
ということで急遽(きゅうきょ)花寄席(はなよせ)もおこないました。

今回私は供茶をさせていただきました。
供茶は簡単にいうと薄茶のお手前なのですが、
仏様にお茶を差し上げ、
お客様にご相伴(しょうばん)いただくのです。

着物はたまに着るのでアレですが、
遊びに行く時に着るものと
お稽古に着ていくお着物はなんとなく気分が違います。
同じお着物に帯でも、
お稽古となるとなんとなく、違うんです。
それはやっぱり気持ちの問題もありますし、
お茶のしきたりの問題もあるのかもしれません。

でも、お茶に行くと気分がピシってするのです♪

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。